ヨギボーロールはどれがおすすめ?

MENU

ヨギボーロールはどれがおすすめ?

ヨギボーロール,おすすめ

ヨギボーロールには色々な種類があります。
ヨギボーと組み合わせることでより快適に過ごすことができるプラスワンアイテムです♪

 

ヨギボーロールのそれぞれの特徴とどのヨギボーにマッチするかを見ていきましょう!

 

ヨギボーロールの定番

ヨギボーの定番は「マックス」「ミディ」「ミニ」ですが、ヨギボーロールの定番も

  • ヨギボーロールマックス
  • ヨギボーロールミディ
  • ヨギボーロールミニ

です。

 

まずは定番3つから見ていきましょう!

 

ヨギボーロールマックス

ヨギボーロールマックスは、長さ152cmでヨギボーロールシリーズ最大の大きさで、大人から子供まで使えるフルサイズヨギボーロールです。

 

 

組み合わせ

ヨギボーマックスやヨギボーミディとの組み合わせが最適です。
背もたれになったり抱きまくらになったりと使い方は無限にありそうですね!

 

ヨギボーロールマックスを使うと、ちょっとオシャレなソファって感じが出ますね~!

ヨギボーロール,おすすめ

 

カラーは15種類とバリエーション豊富です。

ヨギボーロール,おすすめ

ヨギボーロール,おすすめ

 

ヨギボーロールミディ

ヨギボーロール,おすすめ

ヨギボーロールミディは日本オリジナルサイズで、日本人が抱きしめやすいサイズを追求した結果
ちょうど良いサイズに仕上がりました。

 

長さは120cmですの日本人の身長に合っているみたいですね。
ヨギボーロールマックスは抱きまくらとしては、少し大きすぎますので抱きまくらを重要視するならヨギボーロールミディがおすすめ!

 

組み合わせ

ヨギボーマックスやヨギボーミディと組み合わせるとちょうど良いです。
背もたれとしては少し小さいかなと思いますので、抱きまくらとして使うのがベストです!

 

こちらもカラーは15種類とバリエーション豊富です。

ヨギボーロール,おすすめ

ヨギボーロール,おすすめ

 

ヨギボーロールミニ

ヨギボーロール,おすすめ

ヨギボーミニは抱きまくらに特化したサイズです。長さは81cm。
ヨギボーロールマックスやヨギボーロールミディは、足まで抱きつくことができますが、
ヨギボーロールミニは腕で抱きつくことしかできません。

 

組み合わせ

ヨギボーマックスでお昼寝する時の抱きまくらとして最適サイズです。
背もたれとしては小さすぎですね。

 

カラーは「ライムグリーン」「アクアブルー」「ダークグレー」の3種類です。

ヨギボーロール,おすすめ

 

ヨギボーロール定番以外

 

ヨギボーキャタピラロールロング

ヨギボーキャタピラロールロングは、ヨギボーロールの中でも最長の240cm!

 

組み合わせ

ヨギボーマックスやヨギボーミディと組み合わせることで、何と1つで背もたれと肘置きにすることができます。
リビング、子供部屋などあらゆる場面で有効活用できます。

 

S字に曲げてヨギボーマックスに置くと、背中合わせで座れるソファにも変形できます!

ヨギボーロール,おすすめ

 

お部屋のインテリアに合わせて組み合わせることができます♪
あなた好みのお部屋になりそうですね!

ヨギボーロール,おすすめ

 

カラーは「ブライト」「ナチュラル」の2種類です。

ヨギボーロール,おすすめ

 

ヨギボーキャタピラロールショート

ヨギボーキャタピラロールショートは、ヨギボーロールミディと同様に日本オリジナルサイズです。
長さはヨギボーロールミディと同じ120cmです。

 

ヨギボーロール,おすすめ

 

組み合わせ

ヨギボーロールミディと同じく、ヨギボーマックスやヨギボーミディと組み合わせるとちょうど良いです。
背もたれとしては少し小さいかなと思いますので、抱きまくらとして使うのがベストです!

 

カラーはヨギボーキャタピラロールロングと同じ「ブライト」「ナチュラル」の2種類です。

ヨギボーロール,おすすめ

 

ヨギボーロールミディと同じ大きさですので、デザインで選んで下さい。

 

ヨギボーロールドット

ヨギボーロール,おすすめ

ヨギボーロールドットは、長さが約35cmでお昼寝枕やテレビの時のちょっとした抱き枕として使えます。

 

カラーは「ライムグリーン」「ネイビーブルー」「チョコレートブラウン」の3種類です。

ヨギボーロール,おすすめ

 

 

ヨギボーロールの詳細はこちら>>

 

 

関連ページ

ヨギボーナップでかわいリラックス!
ヨギボーナップって知っていますか?ヨギボーリラックスオプションなのですが、アニマルの形を不思議なグッズです。何に使うのでしょう?